夏の肌も乾燥している セラミドで肌本来の保水力を

冬や春先は目に見えて肌が乾燥します。触った感じもカサカサになるので保湿重視の化粧品を使う方も多くいます。

気温が上がると、蒸し暑くなったり汗をかいたりするので、乾燥とは程遠いように感じますが、実は夏の肌も冷房や紫外線の影響で乾燥しているんです。最近では夏になっても肌の乾燥を強く感じる女性も多くなってきているそうです。

summer

最近の夏はとても暑く、気温も高くなっています。そのため、冷房や扇風機を使う機会も多くなってきています。寝苦しい夜が続くと、扇風機や冷房をつけたまま寝ていることはありませんか?その冷房や扇風機の風が肌に直接あたると、水分が奪われて肌が乾燥してしまうのです。

本当の乾燥は紫外線が原因

次に紫外線です。紫外線は肌にダメージを与えると言われていますが、肌が紫外線に当たると肌の細胞が傷つき、水分保持力の低い皮膚ができてしまいます。正常なターンオーバーができないまま肌の表皮になってしまうため、健康な肌よりも乾燥しやすくなってしまうのです。

夏は冬に比べて肌の露出が高い時です。肌に紫外線が当たることで保湿力の弱い肌になり、冷房や扇風機の風が直接その肌に当たることで肌の乾燥が激しくなってしまいます。この乾燥を防ぐには、紫外線を浴びないことや冷房や扇風機などの風を肌にあてないことが考えられますが、日常生活ではそれは難しいでしょう。

夏の肌の乾燥を防ぐためには、乾燥を感じたらこまめに保湿することです。夏だからと油断せずに、保湿力の高いセラミド化粧水なども取り入れて積極的に肌を保湿して行くことで夏の肌の乾燥を防ぐことができますのでぜひ試してくださいね。