ニキビを徹底的に改善するために必要なセラミドと保湿

お肌の悩みは、いろいろあってもカバー力のあるファンデーションやメイクアップでごまかせることがありますよね。

例えば、しみ、くまにはコンシーラーを、毛穴には、毛穴カバーの下地を、くすみには透明感アップのベース作りをしちゃえば、気づかれにくいですよね。

しかし、ニキビは、平らなお肌に対して、凸凹しているので、素肌には赤みや凸凹が目立ち、ファンデーションをつけても、余計に目立つばかりでどうにもならなくなりますよね。

ニキビで悩む方は、見かけないぐらい、女性の方はもちろん、男性の方でも一度は経験したことがあるかと思います。

ニキビの原因は、ほとんどは「生活習慣」から

hoshitu

よく脂性肌だから、皮脂分泌が活発になってニキビができると思われがちですが、ニキビは過剰した皮脂のあるお肌だけではなく、乾燥によって厚くなってしまった角質が毛穴の出口を塞いでしまうため、皮脂が詰まり、アクネ菌が過剰に増え、ニキビになるので、乾燥したお肌にもできます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、もともと皮膚の中に存在する菌であり、お肌をバランスよく保つ働きもあります。アクネ菌はもちろんあるのですが、それだけが原因ではなく、不規則な生活、ストレス、睡眠や運動不足、ホルモンバランスの乱れなど、ほとんどは生活習慣からくるものです。

私が見てきた人の中には、今までニキビがなかったのに、いろいろ試しても改善されず原因が分からなかったのですが、その人は妊娠が発覚し、妊娠によってホルモンバランスが乱れたことが原因でした。ニキビを治すためにはまず、「生活習慣を変えていくことです。

ニキビの対策法!STEP1は「睡眠

睡眠は、お肌を活性化していくために、必要する成長ホルモンが分泌される大切な時間になります。
睡眠時間は、1日最低6時間は必要とされますが、寝る時間帯も関わってきます。
6時間寝ればいいのだから、寝る時間はバラバラでいいやと思われがちですが、
「毎日同じ時間に起床し、同じ時間に就寝する」ことで、成長ホルモンが正しく分泌され、お肌は修復していきます。

ニキビの対策法!STEP2は「洗顔

ニキビ肌は、毛穴の塞ぎによって、アクネ菌が過剰に増えている状態のお肌なので、
正しい洗顔をして対策していきましょう。
ニキビ肌の人は、お肌が敏感になっているので洗顔タイプによっては、刺激になる可能性があります。
また、刺激の少ない泡立ちがないタイプの洗顔もありますが、洗浄力が弱いので、汚れが落ちないのでおすすめできません。
固形タイプの石鹸なら、刺激も少なく、汚れもしっかり落ちます。

ニキビをなくそう!正しい洗顔の仕方
  1. 清潔な手で、最初にぬるま湯で顔をぬらします。
  2. 固形石鹸は泡が立ちにくいので、100均などに売っている、泡立てネットを使い
    しっかり泡を作ります。
  3. 皮脂が多い鼻、おでこから泡をのせて、なじませていきます
  4. 皮脂の少ない頬、あご、こめかみなどに泡をのせて、なじませています。
    ※4の注意点強くこすると、摩擦でお肌に刺激を与えてしますので、泡で汚れを浮かせてなじませていくように意識しましょう。
  5. ぬるま湯で洗い流します。

水は汚れがおちにくく、熱すぎのお湯もお肌に刺激を与えます。
またニキビを悪化する原因となる石鹸の洗い残しもないようにしっかりとすすぎましょう。

顔の洗顔はもちろんですが、背中のニキビもシャンプーなどの洗い残しが原因でニキビを作ってしまっています。先に頭を洗って、そのあとに体を洗うようにするなど、気をつけましょう。

ニキビ対策を高めるためにとっておきの2つのポイント!

sera
洗顔のタイミングはお風呂に浸かった後に!
お肌がやわらかく、毛穴が開いた状態なので、効果的です。
塩の洗顔!
熱めのお湯に塩を溶かし、顔を洗う方法なのですが、殺菌力の高い塩がニキビ肌を改善します。岩盤浴などに行くと塩サウナなんかがありますが、塩でお肌になじませた後は、びっくりするぐらいすべすべになりますよね。

生理前のニキビ

ニキビが普段出来ない方も、生理前だとニキビができやすくなるのは、
黄体ホルモンによって、皮脂分泌されるためです。
ニキビの原因となる毛穴の詰まりをキレイにしてくれるピーリングがあります。
刺激の少ないジェルやミルクタイプのピーリングを選びましょう。

ニキビ対策法!STEP3は「保湿」

アクネ菌は油分を好み、ニキビを作ってしまうので、油分の多いクリームやオイルを控えましょう。油分を控えるために化粧水だけにしても、乾燥して厚くなった角質が、毛穴を塞いでしますので、水分を補うためにも、保湿力の高いセラミドが配合された、化粧水、美容液をつけることでニキビの対策になります。

元々人間の中にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミドをナノ化されたスキンケアアイテムは、ニキビ肌に最善なアイテムになります。更にニキビ肌は、刺激に敏感になっているので、ニキビ肌にも使っていただける刺激の少ない敏感肌用のものがおすすめです。

そんなニキビ肌の方におすすめの保湿スキンケアアイテムがこちらのサイトで紹介されています。

参考 アヤナスとヒフミドどっち?徹底比較

どちらも浸透性の高いヒト型セラミドがナノ化されているので、保湿を高め、ニキビで敏感になっているお肌に安心してお使いいただけます。

私の美白ケアと30代からの美白ケア

元々、生まれつき色白で周りからも「色白で羨ましい」と言われることが多いのですが、やはりその分、美白ケアを意識しています。

色白さんだとわかると思いますが、色が白い人は日焼けをすると、黒くならず、赤くなってしまいます。この赤くなるという状態は黒くなるよりも、見た目がひどいので、色が白い人は私も含め、日焼けしないように心がけているかと思います。

ビタミンサプリで美白ケア

ビタミンサプリ

そんな私の美白ケアは、まず、体の中からということビタミンのサプリを毎日摂ることです。

普段の食事でも栄養がある食生活を心がけてはいますが、補うという意味でもビタミンがとれるサプリを飲んでいます。
そのおかげか、日焼けしたとしても、赤みがひくのはとても早いし、肌荒れもしなくなるので一石二鳥です。

メリハリのある紫外線予防

そして、当たり前ですが、美白の敵の紫外線予防に日焼け止めを塗ることです。

私の場合は、毎日は塗りません。しかし、長時間外に出るときは必ず念入りに日焼け止めを塗ります。
そして、汗をかいたり時間が経つと塗り直します。最近のお気に入りは、スプレータイプの日焼け止めです。簡単で楽チンなのでお出かけにはもってこいの品なので、重宝しています。なぜ、日常的に日焼け止めをしないのかは、肌荒れを考えてです。

その代わり、確実に日焼けしてしまう…という風な日にはばっちり日焼け止めを塗るようメリハリをつけています。

日焼けをしてしまった時の対処法

最後に、日焼けをしてしまった時のケアについてですが、美白ケアをしていても、うっかり日焼けをしてしまったというときがあります。

そんなときは、まずスプレー式の化粧水でお肌を引き締めます。そして、その後に美白効果のあるシートタイプのパックをします。
これをするのとしないのとでは、日焼けのひきが確実に変わります。

このように、日々美白を意識してケアしていますが、更に美白になれるように化粧品のコスメ選びも美白効果のあるものや、美白になれるものを選んでいます。ファンデーションは、白さがきれいに引き立つように、ラメやパールが入っているものがオススメです。

あとは、化粧下地を選ぶときも、UVケアになるものや、美白効果と記載しているものが良いと思います。

30代からの美白ケア

30代の女性
今年から30代になり、今まで通りの美白ケアでは、今の色白をキープするのは難しいのかなとおもっています。

年齢を重ねることで、しみやそばかすなどの悩みも出てくると思います。ベースが色白のため、しみなどができた時は、とても目立ってしまうと思うので、今のうちから対象法を考えておくのが大切です。

しみや、そばかすなどには、今おこなっている美白ケアにプラスして、美白化粧品を使っていくのが大切です。

全体的な美白というよりは、しみやそばかすができそうな部分にスポット美白ケアをしていくことで、しみなどの予防をします。

インターネットで調べたところ、30代の美白には、低刺激・保湿が大切のようなので、低刺激で保湿効果のある美白化粧品で、30代の美白ケアを始めていきたいです。

  1. 低刺激
  2. 保湿

参考 30代のしみ・くすみに大人の美白化粧品ランキング

本当に効果的な美白化粧品は、少し高額になりますが、今のうちからしっかりケアしていくことで、30代半ばに入った時に結果に出てくるのかなと思っています。
やはり、美人の条件といったら色白と言っても良いくらい、色が白いのは女性にとって、とても大切なことだと感じます。色白は七難を隠すと言うように、色白は得だと思います。
美白ケアをしっかりして、きれいな女性をこれからも目指していきたいと思います。

アトピー肌にはバリア機能をプラスさせるセラミド化粧品がオススメです。

軽いアトピー持ちでかなり敏感肌な私にとって基礎化粧品選びはかなり難しいです。
色々と自分で調べ情報を集めた結果、肌のバリア機能がうまく働いていないからアトピーや肌荒れの原因になるのだということが分かりました。

seran
セラミドは本来肌に元から存在するものですが、それが失われていったことによってお肌の状態が悪くなってしまったということに気がついたのです。
それから化粧品選びは肌に優しいものは勿論ですが、セラミドがきちんと補えるものを探して使うようにしています。

セラミドでアトピー肌を守る

iodho

自分の肌に合うセラミド化粧品を使うことで肌をもっと良い状態に出来るということがきちんと分かりました。
本来だったら天然セラミド配合の化粧品が一番浸透もよくオススメなのですが、いかんせんお値段が高いので、今は刺激の強くない成分を使っている合成セラミド配合の化粧品を使うようにしています。

化粧水やクリームをセラミド配合のものにするようになってからアトピーの痒みもかなり減りましたし花粉の時期になっても顔が真っ赤に荒れてしまうようなことはなくなりました。
肌触り自体がずいぶん滑らかになったのでお化粧のノリも以前に比べてかなり良くなりましたし、周りの知人からも本当に肌が綺麗になったと褒めて貰えるようになりました。
セラミド化粧品は今いろんな会社さんから発売されていますが、お値段も手ごろで刺激が少ないものとしてオススメなのは「ヒフミド」というシリーズのものです。

hifumid
何人か友人にも勧めたのですが使った友人の殆どが肌の調子が良くなったと教えてくれましたし、トライアルセットもあるのでセラミド化粧品を使ったことのない方でも手を出しやすい商品かなと思います。
元々の生まれつきの体質はどうしようもないものだと思っていたのですが、セラミドのおかげでここまで肌質が改善するとは思っていなかったので今肌トラブルでお悩みの方には是非セラミドの効果を実感してみて欲しいな、と思います。

セラミド化粧水で乾燥肌がみずみずしい肌に蘇る?

セラミド化粧品って何?

今人気があるセラミド化粧品ですが、セラミドって何?なんの役割をするの?と疑問に思っている人も多いでしょう。セラミドとは肌表面で外から肌を守っているバリアのようなものです。乾燥から肌を守ってくれたりして保湿成分として注目されているのです。

このバリアがしっかりしていれば、外部刺激で肌荒れがしにくい状態で、肌の表面も潤いもきめ細かさも整っています。

乾燥肌にうれしい保湿効果!セラミド!

seramid

化粧には、高価なブランドから安い化粧品でピンからキリまであります。

セラミド化粧品は、質の高い化粧品です。私達は年齢とともに肌の水分バランスが崩れやすくなったり乾燥肌のトラブルが多いですが、セラミドの化粧品を使う事で乾燥肌も治ります。セラミドは、細胞間脂質に含まれていて接着剤のような役割で外部から肌内部への侵入も防いでくれます。

また、毎日セラミド化粧水を使う事で水分のバランスと油分のバランスの調和を助けてくれ肌にもしっかりと潤いを与えてくれます。また、紫外線からもしっかりとカバーしてくれるので優れた化粧品と言えます。

どうしてそんなにセラミドの化粧品が優れているの?

jidjp

雑誌でも話題のコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品は、分子量が大きい為に肌の内部まで浸透することが出来ないので、乾燥肌の人にはお勧めしません。セラミドは皮膚の一番上の層、角質層めでしっかりと浸透してくれるので保湿効果が他の化粧水に比べても高いのです。

しかも1日に何回も塗らなくても1回でしっかり浸透するので冷房や、暖房で肌の乾燥を気にする必要もありません。

セラミドは肌に優しい成分なのでアトピー性皮膚炎の人でも大丈夫です。毎日使う化粧水なら、保湿効果の高いセラミドにしましょう。トラブル知らずの潤った赤ちゃん肌になれます。

参考ページ アトピー肌にはバリア機能をプラスさせるセラミド化粧品がオススメです。

夏の肌も乾燥している セラミドで肌本来の保水力を

冬や春先は目に見えて肌が乾燥します。触った感じもカサカサになるので保湿重視の化粧品を使う方も多くいます。

気温が上がると、蒸し暑くなったり汗をかいたりするので、乾燥とは程遠いように感じますが、実は夏の肌も冷房や紫外線の影響で乾燥しているんです。最近では夏になっても肌の乾燥を強く感じる女性も多くなってきているそうです。

summer

最近の夏はとても暑く、気温も高くなっています。そのため、冷房や扇風機を使う機会も多くなってきています。寝苦しい夜が続くと、扇風機や冷房をつけたまま寝ていることはありませんか?その冷房や扇風機の風が肌に直接あたると、水分が奪われて肌が乾燥してしまうのです。

本当の乾燥は紫外線が原因

次に紫外線です。紫外線は肌にダメージを与えると言われていますが、肌が紫外線に当たると肌の細胞が傷つき、水分保持力の低い皮膚ができてしまいます。正常なターンオーバーができないまま肌の表皮になってしまうため、健康な肌よりも乾燥しやすくなってしまうのです。

夏は冬に比べて肌の露出が高い時です。肌に紫外線が当たることで保湿力の弱い肌になり、冷房や扇風機の風が直接その肌に当たることで肌の乾燥が激しくなってしまいます。この乾燥を防ぐには、紫外線を浴びないことや冷房や扇風機などの風を肌にあてないことが考えられますが、日常生活ではそれは難しいでしょう。

夏の肌の乾燥を防ぐためには、乾燥を感じたらこまめに保湿することです。夏だからと油断せずに、保湿力の高いセラミド化粧水なども取り入れて積極的に肌を保湿して行くことで夏の肌の乾燥を防ぐことができますのでぜひ試してくださいね。

セラミド化粧水の保湿と美白効果

夏と言わず、実は一年中降り注いでいる紫外線。
美白ケアは一年中ずっと手を抜けません。

でも、デイリーなケアだからこそお手軽に、そして高い効果を得たいものですよね。
なのでできるだけきちんと成分を調べた上で、効果のありそうな高機能性の化粧品を上手に取り入れています。
美白ケアに重要な機能のひとつに保湿があります。
もちろん、紫外線カットも重要ですがそれは守りの美白。

hosi

お肌をしっかりと潤わすことで、健やかさをキープし、肌の順調なターンオーバーをうながします。
そうすることで、肌の色素沈着を起こすメラニン色素沈着を追い出して、積極的に美しい白い肌にする、いわば攻めの美白ケアが保湿といえるでしょう。
攻めの美白ケア、保湿効果がもっとも高いといわれるのがセラミドという成分です。
セラミドが含まれているセラミド化粧水は、美白ケアにどれくらい効くのでしょうか。

sera

セラミド化粧水を使用することにより、お肌は十分な潤いを得ることが出来、色素沈着を防ぐことが出来ます。
また、潤うことで皮膚の正常なバリア機能が働き、紫外線の吸収を押さえることが出来るそうです。
つまり、日焼け止めクリームの紫外線カット効果を、保湿することによってより効果的にしてくれる働きがセラミド化粧水にはあるといえます。
色素沈着を防いでくれる、紫外線カット効果アップにつながる・・・

これらのことからセラミド化粧水は、十分美白ケアに効果のある化粧水と言えそうですので、今後の美白ケアに取り入れてみたいと思います。
乾燥肌や敏感肌の人はセラミド化粧水の持つ高い潤い効果には大きな期待がもてそうです。
私もクーラーで乾燥肌気味なので、保湿によるターンオーバーに期待しています。